ここいろな日々

ここいろは、紅茶・イングリッシュスコーン・ハンドメイド作品が楽しめる和空間です

朝のティータイム

岐阜も今日は真っ白な雪景色となりました。

ここいろも・・・真っ白です
ずっと降り続いていますが、帰る頃には何センチくらい積もっているのでしょうか・・
2013126.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は毎朝、ここいろのオープン準備が一息ついた時に朝のティータイムをとっています♪
基本的に8割くらいミルクティーでしょうか!?
今日のように、寒くて寒くて仕方ない日は”特に”ミルクティーが飲みたくなります。

そして自分一人のティータイムは決まってこのマグ★
mag.jpg
こちらは、イギリスの陶芸家、Sarah Billinghamさん作のもので、私ののお気に入り!
かれこれ5年近く愛用しています。
量も普通のティーカップ2杯分ほど入りますので、た~っぷりと淹れられます。
ちなみに今日は「ディンブラ」で。

このマグを両手でくるむようにしてフーフーしながら飲んでいると、
何だか心も身体もあったかくなります
なめらかな持ち手のフィット感や飲み口の柔らかい口当たりなど、素朴な温かみが伝わってきます


このアヒルのマグとの出会いは・・
ハンドメイドの、あたたかみのある、大きめマグが欲しいと思っていた時に
私の希望をすべて満たすこのマグを偶然インターネットで見つけました!
その時は欲しいなぁとは思いながらもまだ購入には至らず。

そしてその後、長野県蓼科高原にある『バラクライングリッシュガーデン』のイベントに行った時に、
なんと!!このマグを販売している「ブルーベルの森」さんも出展されていたのです!!

これはやっぱり買いなさいということだーということで、
以前からずっと欲しいと思っていた経緯などもお話しながらポットとマグを2つ購入させていただきました!
お店の方もイギリスにとてもお詳しいご夫婦で、イギリスのカントリーサイドのティールームの話など
色々な楽しいお話を聞かせていただいたことを覚えています。

こちらがアヒルのティーポットと、もう一つのヒツジのティーカップ♪
このぽってり感が本当に可愛い
(現在デザインが少しリニューアルされています)
teapot.jpg



【おいしいミルクティーを入れるポイント!】
ミルクティーはもちろん、ストレートティーでも同じですが、
「ティーポットとティーカップを十分に温めること」
これがとても大切です。
ミルクティーには冷たいミルクを入れるため、特に重要です
※温めたミルクは独特のにおいが出て、紅茶の香りに影響します。

誰でもできる簡単なひと手間ですので、是非とも忘れずに★



スポンサーサイト

 紅茶

2 Comments

葉こ  

No title

かわいぃ!!!
繊細なティーカップもいいけど、
ほっこりする雰囲気のもいいね~
特にミルクティーに合いそう★
ここ山梨も雪が積もっているよ~
寒いときに、お茶があるとホッとできるね~(^0^)

2013/01/26 (Sat) 15:45 | EDIT | REPLY |   

shoko  

No title

この素朴さ加減がほっこりしていいよね★
毎日酷使されて、ちょこちょこ欠けてきたけど・・・

ブログの写真は朝撮ったんだけど、朝から降り続いて10センチ以上積もってますi-4
山梨も凄そうだね!!

帰り道気をつけて帰りま~すi-34

2013/01/26 (Sat) 15:51 | REPLY |   

Leave a comment